ニキビ跡に効果的なレーザーは美容クリニックなどで受けることが可能

女の人

タイプ別のケア方法

美容整形

赤みと色素沈着タイプ

ニキビ跡とひとくちに言っても「赤みタイプ」「色素沈着タイプ」「クレータータイプ」など、様々な症状があります。「赤ニキビ」はニキビが炎症を起こしてできます。そしてそのままニキビ跡になり、ターンオーバーとともに薄くなっていきます。色素沈着タイプのニキビ跡は、紫外線を浴びてメラニンが生成されたり、マッサージによる刺激やホルモンバランスの乱れなどから出来やすくなります。シミと変わらないので、通常は赤みタイプと同じようにターンオーバーのサイクルとともに薄くなっていきます。しかし、シミとなって残ってしまったら、シミ消し効果がある美白クリームやビタミンC誘導体入りのローションなどを使ってケアをするのがおすすめです。

クレーターは病院で治療

最もやっかいなのが「クレータータイプ」のニキビ跡です。皮下組織が破壊されて角質層や真皮層が月面のように陥没してしまう状態です。そうなってしまうと自己修復は不可能で、ファンデーションやコンシーラーでもカバーできなくなります。クレータータイプのニキビ跡を治す唯一の方法が、医療機関でのレーザー治療です。メディカル系の治療を受けることで、真皮レベルから肌を修復できます。具体的には「フラクショナルレーザー治療」が有名です。フラクショナルレーザーには真皮を傷つけて皮膚の再生をサポートする効果があります。レーザー光線をクレーターの凹凸の「凹」の部分に照射すると、その部分だけが盛り上がり、表面がフラットになるシステムになっています。