ニキビ跡に効果的なレーザーは美容クリニックなどで受けることが可能

レディー

治療方法と注意点

鏡を見る女の人

美容皮膚科での治療

ニキビ跡の治療の方法を大雑把に挙げると、外用薬、内服薬にレーザー・光治療、そして注射やピーリングが挙げられます。外用薬と内服薬は一般皮膚科でも処方してもらえます。しかし、ニキビ跡が深刻になると、その程度では効かなくなります。一般皮膚科よりもワンランク上の治療をしてくれるのが美容皮膚科です。レーザーや光治療も美容皮膚科で受けることができます。レーザーなどの光線には真皮に働きかけてコラーゲンの産生を促し、肌を新しくする効果があります。ターンオーバーが早まるので、ニキビ跡の赤みが短期間で消えます。赤く腫れたニキビ跡にはホルモン剤の注射、クレーターのニキビ跡にはプラセンタ注射やヒアルロン酸などをしてくれる所もあります。

治療ができない人

沢山あるニキビ跡の治療法ですが、ニキビ後の種類によっては効かない治療もあります。また、個人の肌質や体質などによって、特定の治療を希望しても受けられない場合もあります。例えば肌が極端に弱い敏感肌の人は、ピーリングをすると肌に刺激になるので、ピーリング以外の治療法から選ぶ必要があります。また、レーザー治療は多少痛みがあるので、痛みに弱い人は受けられない場合があります。基本的に妊婦や授乳中の人は医療機関での治療は控えることをお勧めします。アレルギー体質、ケロイド体質の人も、治療をすることによって皮膚への影響が出やすくなります。まずは医師と話し合って、肌に負担の少ない治療方針を決めていく必要があります。

ニキビの跡を治す治療

看護師

ニキビ跡のせいで、凸凹したクレーターのような肌になってしまって悩んでいるという人は意外に多いです。そのような肌は、レーザーで治療することによって滑らかな肌へと変身出来ます。

View Detail

タイプ別のケア方法

美容整形

ニキビ跡はニキビが治ったあとに残る炎症跡です。赤く残るタイプ、シミのように色素沈着になるタイプ、組織が破壊されて月面のようにクレーター状になるタイプがあります。クレータータイプはフラクショナルレーザーで治療できます。

View Detail

ニキビの跡を消す方法

目を閉じる女の人

ニキビ跡は肌の印象を一気に悪くしてしまう可能性があります。化粧品などでの改善方法もありますが、効果がない場合はレーザー治療を行なう事で綺麗な肌を取り戻す事ができます。

View Detail